燃える亀

ウチには、亀の背中に香りの出るろうそくがついている置物がある。

夕食時の油の臭い(春巻きを揚げた)が取れないので、お香をたこうとしたが、切らしている。そこでロウソク亀の出番となった。

しかし、前回火を消したときに、ロウソクの芯が埋もれてしまっている。これでは火がつかない・・・

ということで、火をついたマッチを背中に突っ込んだ。そしたら点いた。
何本か失敗したマッチがあったので、それを背中に重ねてみたら、かなり燃え上がった。
下からロウを補充しているので、なかなか消えてくれない。

一風変わった、クリスマスキャンドルでした。

日記
東京散歩

東京国立博物館に行ってきた。「三国志展」を見るためである。三国志好きだし、なんとなく前から行きたかっ …

日記
GOT

Game of Thronesを見ました。 二ヶ月ぐらいかけて,毎晩1〜2話ずつぐらいのペースで。 …

日記
くやしいさわやか

静岡といえばさわやかのハンバーグが有名。 塾合宿の最後のオプショナルツアーで,三日目の午後はさわやか …