理想の休日

朝,目覚ましその他の外圧がなく目が覚める。
朝ご飯とも昼ご飯とも言えぬ食事をし,ゴロリと横になって専門書を広げる。専門書に疲れた日であれば,気分によって,趣味の小説等を読んでも良い。
本を読むと眠たくなるので,気がつけば寝てしまう。
ふと目が覚めると,胸の上に本が開いたままだ。続きを読む。
眠気を退治した後なので,すっきりと情報が入ってくる。
夕方,少し早い時間だが風呂に入る。ゴロゴロしているとそれはそれで体が固くなるので,ゆっくりほぐす。
風呂上がりにビールを飲む。ちゃんとした夕食でなくて良い,おつまみ的なものが次々出てくる感じで,気がつけば満腹っぽい。
ビールをやめ,焼酎やウイスキーに変える。
程々に酔ってきた。まだ21時ぐらいだが,明日から平日で頑張らねばならないので,布団の上で本を読む。
いつも通り,きりがよい所で本を閉じ,就寝。

日記
概念としての学生さんへ

これから書く話は誰か個人のことを論うものでもないし、かと言って今の若者はみんなダメだ見たいな世代論で …

日記
オンラインでもオフラインでも

後期が始まりました。 徐々に対面授業も解禁。後期の授業どうしますか,と聞かれたので一応対面で申し込ん …

日記
停電と漏電

夜にAmazon Prime Videoを見るのが最近のルーチン。昨日はジム・キャリーの「イエスマン …