進撃の巨人

このマンガがすごい!で紹介されていて,どの書評,誰に聞いても,「圧倒的な絶望感」「絵がもう少しうまかったら」というコメントを聞く。

思うに,絶望感が面白い,というつながりが実感できないので,ずっと気になっていた。
まだ三巻までしかいってないということで,今の内にと買い求めて読んでみた。

うむ,確かに面白い。

世界観がしっかりしているので,読みやすいのだろうな。
絵と人間関係が多少チープなことを除けば,なかなかいいんじゃないか。
先が楽しみだが,どこかで聞いたような話,に落とさないで欲しいなぁとは思う。

そして何より,圧倒的な絶望感だけではないのだ。確かに,他人に説明するときは絶望感が,と言いたくなるけれども,文脈やその背後に流れているのは希望であり,勇気であるといういみで,正統派少年漫画だ。そこは好ましい。

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC) 進撃の巨人(2) (講談社コミックス) 進撃の巨人(3) (講談社コミックス)

日記
概念としての学生さんへ

これから書く話は誰か個人のことを論うものでもないし、かと言って今の若者はみんなダメだ見たいな世代論で …

日記
オンラインでもオフラインでも

後期が始まりました。 徐々に対面授業も解禁。後期の授業どうしますか,と聞かれたので一応対面で申し込ん …

日記
停電と漏電

夜にAmazon Prime Videoを見るのが最近のルーチン。昨日はジム・キャリーの「イエスマン …