そして帰宅へ

朝からの講義は色々勉強になった。

イギリスでの小学校の運営の仕方。学校でおこる諸問題についてのグループワーク。

大学教員としてコメントを求められたが、学校心理学者ではないにしてもグループダイナミックスの一門として、コメントできてよかったかな。

広島大学のゼミ運営、教員育成の良いところ、イギリスの良いところ、そうでないところ、色々勉強になったが、結局はそれをどうやって山大で活かすか、というところで悩まされる。自分も、学生も、スタッフも、ひょっとしたら現場の先生や県教委も、周りを見てすげぇすげぇとか言うだけでなく、自分達でどうするかを考えないと。そのためには、やる気にならないと。結局、人とそのモチベーションの改革が必要って事です。

お昼過ぎに辞して、一路広島駅へ。西條のあたりから渋滞にはまるとは思っていなかったのでビックリしたけど、何とか妻子が着く時間に間に合った。

彼らを車に迎え入れて、帰宅を目指す。

結局、合流後2時間ほどで自宅に着いた。このGWの総移動距離が1369km。
安全運転を見守ってくれた神様に、楽しいひとときをくれた友人達や同僚・仕事仲間に、そして一緒に居てくれる家族に感謝です。

日記
オンラインでもオフラインでも

後期が始まりました。 徐々に対面授業も解禁。後期の授業どうしますか,と聞かれたので一応対面で申し込ん …

日記
停電と漏電

夜にAmazon Prime Videoを見るのが最近のルーチン。昨日はジム・キャリーの「イエスマン …

日記
コロナとボン

不定期につづける日記だが,前に書いたのは一ヶ月前か。そんなに経つんだな。毎日家の中で過ごしていると, …