世界は分けてもわからない

世界は分けてもわからない (講談社現代新書)

世界は分けてもわからない (講談社現代新書)を読んだんですけどね。語り部としては面白い所もあるのだけど、途中でどういう話をしたかったのかわからない所があって。サイエンスライターとして科学業界の面白エピソードを紹介したかったのか、動的平衡系の良さを売りたかったのか・・・。この二つの考えが混在していて、すっきりしませんでしたな。

でも、powers of tenの話を持ってきたところは面白かったし、なによりシステム論的観点がもっと一般に広まればいいと常々思っているので、こういう本も有りかなぁ。

日記
オンラインでもオフラインでも

後期が始まりました。 徐々に対面授業も解禁。後期の授業どうしますか,と聞かれたので一応対面で申し込ん …

日記
停電と漏電

夜にAmazon Prime Videoを見るのが最近のルーチン。昨日はジム・キャリーの「イエスマン …

日記
コロナとボン

不定期につづける日記だが,前に書いたのは一ヶ月前か。そんなに経つんだな。毎日家の中で過ごしていると, …