カラマーゾフの兄弟

長い間読んでいたけど、やっと読破できました。
カラマーゾフの兄弟

いや、ロシア文学ってのは面白い。くどくどくどくどしていて、面白い。携帯小説を読むような人には、この青臭い感じと仰々しい感じとどすんと来る重い感じが好まれないんだろうなぁ。
でも、一度はまるとどんどん読み進めてしまいますよ。「罪と罰」もよかったけど、この長編もまたイイですな。

どこに重点があるのかよくわからないまま、上・中・下巻ともにそれぞれ惹きつけられるところがあって、時間はかかったけど楽しく読破できました。皆さんも是非。

日記
停電と漏電

夜にAmazon Prime Videoを見るのが最近のルーチン。昨日はジム・キャリーの「イエスマン …

日記
コロナとボン

不定期につづける日記だが,前に書いたのは一ヶ月前か。そんなに経つんだな。毎日家の中で過ごしていると, …

日記
自粛生活日記07/09

だらだら書くよ。飲んでるからね。     自粛生活も三ヶ月ぐらいになりますかね。 …