「わかりやすい文章」の技術

 ブルーバックスの『「わかりやすい文章」の技術』を読む。

 常日頃から文章がへたくそだと言われるので、せめて形から入ろうというわけである。

 薄い本ではあるが、さすがこの本の著者だけあって、わかりやすい。しかも、読みやすい。一日で読破してしまった。
 なるほどと思わされるところもある。私の文章が難解になるのは、自分が十分理解できておらず、曖昧な言葉や知っている単語で逃げようとしているからだ。あるいは、読み手を十分イメージできていないからだ。
 何となくその辺なんだろうな、と思っていたが、この本を読んで確信に至った。なるほどね。

 でも、この本は文筆業の人間以外も読んでおくべきだとおもった。例えば、大学生一般。
 将来、社会に出て、日本語を書くことがないまま生きていけるわけでもないので。
 早速授業の中で紹介しておいた。レポートなんかを書くときも、この本にあるようなルールに則っていてくれると、きっと採点もやり易いに違いない。

 今日は一日授業だったので、特に書くことはない。
 休み時間や、帰宅後のちょっとした時間で、コソコソと論文を書き進めた自分は褒めてやりたいが。

日記
安定した環境を!

MacOS新しいのが出ましたね。Catalina ですか。Sidecarを試してみたくて、自宅のマシ …

日記
教え子の結婚式でした

山大の頃の院生さん、卒業(修了)してから音沙汰がなかったが、ある日突然メールしてきて「結婚するので式 …

日記
息子の期待値

息子は小学5年生である。お小遣いは500円/月である。 iPhoneアプリで「ルーレット」というのが …