トキメキ☆主夫生活

これでいいか?>M本

おかげさまで仲がよい夫婦で、子供もいないからまだ恋人気分である。
で、手を繋いで歩くことがあるが、冬場は「バチッ!」と静電気が二人の指先に飛び交う。
これがかなりの頻度なので、非常に困っている。

妻の身体の一部(手、身体、髪)はもちろん、ドアノブ、ATMのタッチパネルに至るまで。小さいものから激しいものまで、1日何度も何度も出会うのだ。今着ている上着が毛だから静電気が溜まりやすいのかなぁ。
妻も元々帯電気味のキャラらしいので、夫婦して何か考えるべきかもしれない。

今日は「ますだおかだ10周年記念ライブ」にでかけた。大阪は中之島、リサイタルホールである。
今までお笑いランキングとしては、トップにアメリカザリガニを挙げていたのだが、今日のライブを見てますだおかだの評価が上がった。やはり上手いのである!
出だしから、映像と音声を巧みに使い、冒頭は30分ちかい漫才である。漫才もこれぐらいゆっくりやってくれると、つかみからオチまでゆっくり聞けて良い(そういう意味でM-1の一組4〜5分というのは短いので辛いだろう)。アメザリのライブと違って、横山たかしや原田伸郎などのゲストを呼んで一緒にやった時間があったのはやや残念と思ったが、その質の高さで許すことにした。最後も少しゆっくり時間をとった漫才、であった。

感想として、増田(ちっさいほう)は頭が切れる天才肌のお笑い職人で、岡田(のっぽのほう)は増田にいじってもらうだけのキャラ、と思いがちだが(事実それで売っているのだが)、最近は岡田さんの頑張りが著しい。今日もただのヘタレじゃないなぁ、と感心しながら、2時間長のライブを思う存分笑わせてもらった。

余談になるが、お笑いのチケットは¥3,000ほどである。今回は取れなかったので、オークションで落としたから、二人で一万円弱の出費になっているが、お金を出してこれだけ笑えたら、元は取れていると思う。笑うことは心の健康にも良いので、夫婦円満になること間違いなしですよ。

さて、ライブの最後に、驚くべき発表があった。増田の方から重大発表がある、というから、吉本に引き抜かれたとか、コンビ解散かとか思ったが(笑)、実はそうでなくて、増田が「結婚していた」という発表であった。
彼は昔、テレビで10年近くつきあっている彼女はいるが、結婚はしていませんと言っていた。だから、あぁ完璧主義の彼のことだから、M-1取るとか、なんらかの形で納得がいったら結婚するんだろうな、と思っていたのだ。で、去年末M-1を取ったから、そろそろかな?と薄々感じてはいたのだが、実は五年前に結婚していたのである。長い間ウソをついていてご免なさい、ということであった。
なんでも、最初に結婚しようと思ったとき、松竹の上司にまだ早いと言われて、言い出せなかったそうだ。
面白いのは、相方の岡田も全く気付いていなかったそうで、2/14のバレンタインデーに告白されて驚いたということである。

何にせよ、良い話ではある。しかし、奥さんの方が辛かっただろうな、と思う。
これからも応援するので、ライブでテレビで、活躍して欲しい。

ところで、今日はお昼に天下一品に行った。
どうしてもこってりラーメンが食べたかったし、このところ天下一品に行きたくていけないことが続いていたので、いよいよ雪辱である。
こってりラーメンを食べて、満足した。そしてまた「なんなんだろう、このこってりぶりは」と頭の中に疑問符が果てしなく沸いてくる。これで当分こってりはいいや。

ということで、夕食はあっさりラーメンの代表格、梅田は揚子江ラーメンに行って来た。
揚子江ラーメンはやたらあっさりである。スープは透明・透き通っているのだ。それでも味はしっかりしているので、飲んだ後でも確実に入る。
揚子江ラーメンは最近、店の真ん前に「博多一風堂大阪店」がオープンしちゃったので、閑古鳥が鳴いているようだ。今日行ったのは、揚子江ラーメンで修行した弟子が、のれんわけしてもらってできた「林記」というところで、お初天神通にある。
もっちりした餃子とともに、とてもさわやかにいただけた。素晴らしい一杯であった。

帰ってきて、深夜の「トリック2」をみる。
エンターテイメント三昧の1日であった(おかげで二時半回ってる)。

日記
COVID-19による仕事改革

新型コロナが流行っている。 政府が急に「全国の学校を休みにスルー!」と言い出したのは,手法としてはあ …

日記
展開していく娘の人生2

ところで,娘のお誕生日は,それほどお祝いムードでもなかったのです。というのも,受験真っ只中。16は日 …

日記
子供大人化作戦(第一弾)の終了と展開していく娘の人生

もう先月のことになりますが,2/16に長女が15歳になりました。 我が家では15歳を一人前と考えてお …