試験監督など

入試二日目である。

今日は試験監督として呼ばれていった。今日は9時に学校に着いたらいいのに、8時には西宮北口に着き、こまったのでマクドナルドで朝食をとった。久しぶりの朝マックである。

試験監督業務は滞りなく進んだ。面白かったことと言えば、俺が配属された教室の監督責任者にあたる先生が、アナウンスとして「試験会場が暑かったら手を挙げてその旨監督官に伝えてください。窓を開けます。寒かったら(温度は)上がりません」と伝えたこと。これを聞いた受験生はどうしろというのだ。

受験生は替え玉でないかどうかを確認する「写真照合」というのを受けねばならない。われわれ監督官は、顔写真がずらっと並んだプリントを元に、本人かどうか確認してチェックしていく。
困るのは、雰囲気ががらりと変わっているパタンである。「本物かな?」と悩むのはほとんど女の子。だって、受験票に使う写真はバッチリメイクしているんだけど、受験当日は髪の毛ぼさぼさだし、眼鏡をかけているし、で、特徴あるほくろか何かをキーにしないと本人と同定できないんだもん。
あと、一つ気付いたのは、写真をとった当時はふっくらしていたのが、今日試験当日はすっかり痩せている人が多い。でも、逆はない。写真を撮ったときはやせていたが、当日太るというパターンはないもんである。

そういう場合でも、鼻か目を見れば、本人とわかる。

まさか受験生でプチ整形はないだろうから。

後1日試験監督をすれば、ご奉公も終わる。
明日から二日間は研究者である。今夜はサラリーマンのように、仕事疲れを理由に酒を飲む。

日記
いよいよだぞぅ

「気を緩めては行けない」らしいけど、新規の罹患者数も2桁、50人以下の日々も続いて、そろそろ出口が見 …

日記
環境の再編成をした

東京の罹患者数がのべ10000人を超え,日に3桁の発症者が出るも,1日に200人をこえて400人,8 …

日記
発熱が

月曜日の夜、娘が少し熱あるかも、と。あらあら早く寝なさいね、てなこと言うとりまして。 36.9だった …