洋雑誌

(『一週間』のメロディで次の一行をお読みください。)

月曜日に論文出して 金曜日にリジェクトされた

海外の、出版社が出している専門雑誌は、エディターが力を持っていて、そぐわないと思ったら即却下することもある、と聞いてはいたが、まさかこれほど仕事が早いとは!

えぇい、海外の論文はバケモノかっ!(シャア風にお読みください)

論文がだめだったのは、質・量ともに不十分だったからでしょう。このデータはきっと、まだ世に出せるほどのモンじゃないんだと、素直に反省するしかないな。ことここに至っては。
だから、凹んではないです。それよりむしろ、内外の雑誌もこれぐらいのスピードで仕事をしてくれ、と思う。先日学生が読んでいたレポートなんて、採択まで4年かかってたよ。どんだけ〜?!

日記
無題(4/5)

コロナ禍のせいでこれほど新学期感のない4月は初めてだ。徒然なるままに、最近のことを書き連ねてみる。 …

日記
COVID-19による仕事改革

新型コロナが流行っている。 政府が急に「全国の学校を休みにスルー!」と言い出したのは,手法としてはあ …

日記
展開していく娘の人生2

ところで,娘のお誕生日は,それほどお祝いムードでもなかったのです。というのも,受験真っ只中。16は日 …