数学のいろいろ

ソース辿れなくなっちゃったんだけど、はてぶかなんかに書いてあったことで、

数学が嫌いというのは、わからないから嫌いなのではなくて、わかりたくないから嫌いなのだ。数学をやると次々わからないことが出てきて、己の考え方を改めなくてはならなくなる。それが嫌だから、数学を丸ごと嫌いと言ってるだけだ。

というのがあって、本当にそうだなぁと思ったり。

はたまた、「数学ガール」の第3巻を読んで、

数学の話がしたいのか?
数学的な話がしたいのか?

というミルカさんの言葉にハッとさせられたり。

自分は何がやりたいのかわかってるのかわかってないのか、これでいいのかあかんのか、なんか一つでもやったのか何もやってないのか、と、

悩む日々です。

日記
安定した環境を!

MacOS新しいのが出ましたね。Catalina ですか。Sidecarを試してみたくて、自宅のマシ …

日記
教え子の結婚式でした

山大の頃の院生さん、卒業(修了)してから音沙汰がなかったが、ある日突然メールしてきて「結婚するので式 …

日記
息子の期待値

息子は小学5年生である。お小遣いは500円/月である。 iPhoneアプリで「ルーレット」というのが …