Hijiyama.R #5でプレゼンしてきました

こんかいのHijiyama.RはRをつかって文書作成,R markdown祭りという裏テーマがありまして,それに乗っかって話をしてきました。

内容は,心理統計の課題レポートを課すとき,乱数でデータ作るんですけど,思い通りのものができませんよね・・・というところから始まって,実はベイジアンになろうね!という話になっています。うふふ。

2016.10.17追記

いくつかソースをアップしておきます。

今回のデモで使ったRmdファイルはこちら。>> ReportExample.rmd

出来上がるPDFファイルはこちら。>>ReportExample.pdf

後半出てきたStanコードはGistに上げました。これらのコードはあくまでも上の課題に対応した表記になっている(ハイレベルスクリプトではない)ので,自分の環境に合わせて書き直したり,別途キックするRコードを書いたりする必要があります。

対応のないt検定のstanコード

対応のあるt検定のstanコード

一要因群間ANOVAのstanコード

一要因群内ANOVAのstanコード

混合計画ANOVA(間2,内2)のstanコード

回帰分析のStanコード

日記
安定した環境を!

MacOS新しいのが出ましたね。Catalina ですか。Sidecarを試してみたくて、自宅のマシ …

日記
教え子の結婚式でした

山大の頃の院生さん、卒業(修了)してから音沙汰がなかったが、ある日突然メールしてきて「結婚するので式 …

日記
息子の期待値

息子は小学5年生である。お小遣いは500円/月である。 iPhoneアプリで「ルーレット」というのが …