子供大人化作戦(第一弾)の終了と展開していく娘の人生

もう先月のことになりますが,2/16に長女が15歳になりました。

我が家では15歳を一人前と考えておりますので,これで子育てが一つ終わったことになります。思えば,始めてこの子を授かったときに,加害者にも被害者にもせず,立派な大人(できればレディ)に育てることができるのか,と思うととんでもない重圧を感じたんですが,そのときに「とりあえず15歳までにしよう」と(夫婦で)決めたんですね。もちろん子供はいつまでも子供だけど,何十年にも及ぶ「約束」「契約」は果たせるかどうか自信がないこともあって,一旦15を目標に。15でそのあとのことを考えよう,と。

その節目が来ました。思い返せばあっという間でした。娘が15年の間でとんでもなく成長してきたことを思うと,俺がこの15年で成長できた程度は微々たるものでしかないなあと思ったり。

周りには15は早いよ,と言われたりしてきましたけど,愛しすぎて子離れできなくても困るので,どこかで「ここからはこいつは大人」という区切りがあった方が良いとも思ってます。15際になったら大人なので,独り立ちしてもらいたいのですが,学校に行っている間は執行猶予期間。ということで学校に行っている間は家にいていいし養ってあげるという約束です。ポジション的には居候とか下宿人と言う感じになります。基本は独立。でも共同生活しているから,食事の時間とかは合わせてね,と言う感じ。

うちの子でいてくれてありがとう。これからもよろしくね。

日記
無題(4/5)

コロナ禍のせいでこれほど新学期感のない4月は初めてだ。徒然なるままに、最近のことを書き連ねてみる。 …

日記
COVID-19による仕事改革

新型コロナが流行っている。 政府が急に「全国の学校を休みにスルー!」と言い出したのは,手法としてはあ …

日記
展開していく娘の人生2

ところで,娘のお誕生日は,それほどお祝いムードでもなかったのです。というのも,受験真っ只中。16は日 …